スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSS①

タグにいろいろ編集できるようになると、ゴチャゴチャして見辛くなってきます。

そこで、命令を一か所にまとめておくことで言語もすっきり、画面も見やすくなります。←いまんとこのCSSの解釈。違うかも




①htmlの中に書き込む場合

htmlのheadの中に

<\style type="text/css">
<!--
タグ{ プロパティ:値; プロパティ:値; プロパティ:値; }
-->
<\/style>

といった形で適応できます。<\div>などでbody部に書いたものを
\div{○○}とstyleの中に書くことで、何度も長い文を書かなくて済みます。




②htmlの外に書き込む場合

.txtなどに書く場合がほとんどですが、htmlは拡張子を.htmlで保存することでブラウザ上で見ることができます。
スタイルシートを他のものに書いてそこから読み込む場合、div{○○}などで.txtなどに打ったものを.cssで保存します。
それをhtml内のhead部に読み出します。

例:
<\link rel="stylesheet" href="xxxxxx.css" type="text/css">

xxxxには、../images/sample.cssなどのようにフォルダ、ファイルの位置を指定してあげてください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

忘却の空

Author:忘却の空
篠崎愛

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。